やり過ぎました

ごはんがススムくんの存在感

ご飯と美味しいおかず、これだけあれば楽しく毎日の食事ができるというようなアイディアによって、より多くの商品を食べてもらおうと食品メーカーはあくせくしている。不二家にしても森永にしても、一流だからといって油断を赦すことの出来ない市場ですから、一度築いたブランド力を活かして戦略を練っていく、それは当たり前のことだ。

しかしだ、メーカーの食品を広く知ってもらおうとして創りだしたマスコットキャラクターが必ずしも好感を持たれるとは限りません。キョロちゃんの場合はまだ人気が出なかっただけでトラブルを巻き起こすことはありませんでした。逆に味の素が自社製品の宣伝をするためにCMキャラクター、いずれはマスコットキャラクターとしての地位を約束されていたであろう『ごはんがススムくん』というキャラクターがいた事を覚えているでしょうか。

このCMも当時は相当話題を呼びましたが、あまり好意的に見られない人が多かったのも事実なのです。

ゆるキャラが好きな方へ

堺市で家族葬・葬儀のことならジュンナイジ(寿和寺)におまかせください。堺市 家族葬や葬祭全般はもとより、法要・法事会場として本堂もご利用できます。宗派・宗旨は問いません。納骨堂も完備いたしおりますのでお骨供養・永代供養のご相談もお受けいたしております。

かなりやり過ぎ感が出ている

ごはんがススムくんのCMでは味の素が販売している食品、代表的なものといえば麻婆春雨やカニ玉などの商品をススムくんがドンドン食べていきます。育ち盛り、おかずが美味しくてご飯を食べる箸が止まらないという演出が続いていく中で、ご飯を再度おかわりしようとしましたが、ご飯を全て食べきってしまいます。

ないと告げるとススムくんは豹変、その顔はまるで修羅を感じさせる表情へと変質し、見るもの全てを黙らせる姿へと変貌してしまうのだ。このCMから得られる効果としては、それだけ美味しいからぜひともおかずにしてみてください、というようなアピールだったのかもしれません。実際筆者はこのCMが流れる度に麻婆春雨やカニ玉を食べたくなって親にせがんだものです、人が食べているものを欲しくなる効果といいますか、CMでもその影響力は計り知れないようです。

結構奇天烈な演出も

このごはんがススムくんのCMについていえば、演出がかなり特異だという点が一番に出てきます。ただとりあえず思ったのはススムくんのご飯に対する執念が物凄いのだというのだけは見ているだけで感じられました。放送されていたCMの内容を簡単に抜粋して内容を要約するとこんな感じだ。

奇抜な演出の一言につきますが、好評だったことは間違いありません。

一番印象に残ったものといえば、おかわりできないという事実に嘆くことでしょうか。食べている場所が家ではなく、学校だったり、飛行機の羽の上だったりと、前者はともかく後者はそもそもどうやって飛行機の羽の上にちゃぶ台ごと持ち込んだのか、その点から謎が残って仕方がない。CMだからあまり突っ込むのもアレかもしれないが、今と違って昔はそういう意味ではやりたい放題だった部分が少なからず存在していたのです。

お母さんの登場

そんなススムくんのご飯を作ってくれるお母さんが一度だけ登場します。毎回同じものを出してきて、麻婆春雨が出てきて思わずいつも通りにブチ切れますが、お母さんの怒りから来る覇気には勝つことは出来ず、すみませんと謝っている。母は強し、その言葉に尽きる。

キモかわいいキャラが好きな方へ

苦情も多かったよう

CMキャラクターとしてのインパクトも十分だったので認知もされていましたが、やはり問題と考えて抗議を受けていたことも噂されている。中でも問題視されているのが、親に対しての言動で真似をする子供が増えてしまったというところだ。先に紹介したススムくんの母親を出演させたのは、そんな意図があったのかもしれません。また売上があまり向上せず、これ以上CMに予算を割くことは出来ないとしての、そうした内部的な問題も十分考えられます。

そのため2000年代中盤頃にはススムくんのCMも事実上立ち消えとなり、今となっては懐かしい役目の終えたというよりは忘れ去られてしまったという印象の方が強く残ってしまっている。

別企業から

株式会社ピックルスコーポレーション、ここから新製品として『ご飯がススム』という商品が登場したのです。ご飯に欠かすことの出来ないおかず、主に韓国風のキムチなどが中心となっていて、中華などを題材にした味の素とはまた違った商品展開をしています。

一方ではパクったのではないかとも言われていますが、商品名やススムくんについては商標登録をしていなかった事もあって、その点について味の素は問題ではないと公式に発表しているという。忘れられてしまったが、別の形で再生したと思えばまだ救いがあるかもしれませんが、あのCMがもう見られないというのを惜しんだ人も少なからずいるかもしれません。

最近おもしろかったCM

ロケーションがいい、タイ ホテルホテルありますよ!